ブスな自分から卒業するために!自分磨きの大切さ

彼氏ほしいと思ったら、まずはできることから~美容外科以外の方法~

ブスだから彼氏ができない?まずは簡単にできることから始めよう

「ブス」の判断基準は人それぞれです。「美」の判断基準も然りです。ブスと思っていてもモテモテの人はいますし、綺麗だと思っていてもモテない人はいます。まずは、自信を持つために見た目から少しずつ変えていきましょう。内面を変えるのは時間が掛かりますが、見た目を変えるのは簡単だからです。

顔のタイプに合ったメイクで変わる!

化粧品

女性はメイク次第で別人になれます。パスポート写真でメイクを頑張り過ぎると、出入国時に別人だと疑われてしまうこともあるくらいです。自分の良さを活かしたメイク方法を覚えましょう。それだけで人生が180度変わります。

エラ張り
エラを隠すメイク方法が、「シェーディング」です。自分の肌よりも1トーンほど暗い色味のファンデーションやカラーを使うことで、小顔に見せることができます。トーンが離れ過ぎていると、ロックバンドや歌舞伎のようになってしまうので要注意です。エラからこめかみ、顎に掛けて斜めにサッと入れていきます。顔を小さく見せるためにおでこにシェーディングを入れているタレントや女優は多いです。シェーディングを上手に入れることでシュッとした顔立ちに見せることができます。エラが張っているからこそできる、美しさを引き出す方法です。
高い頬骨
頬骨が高いと年齢を重ねても若く見えます。美しさをキープするために美容外科で頬の施術を受ける人もいるほどです。しかし、自分の頬の高さが気になる人からすると、なんとかしたいコンプレックスかも知れません。こめかみ部分は年齢と共に凹んでいくため、頬の高さもより目立つと感じるでしょう。こめかみ部分はハイライトを入れて膨らませ、頬の側面はシェーディングを入れるのがコツです。また、チークは外側に向かって乗せずに、内側に向かって入れていきます。こうすることで、頬骨を小さく見せることができます。
一重
目元は柔らかさやクールさを印象付けやすいところです。一重だからと諦めるのは早いです。大阪などの美容外科で施術を受ければ確かに短時間で美しい目元になります。しかし、自分でできる努力としてアイメイク術も有効です。また、雑誌の通りにメイクをしたはずなのにまぶたが重く見える、厚化粧したみたいということもあるでしょう。対策として、アイシャドウは影の出にくい「ツヤを与えるベージュ系」がおすすめです。パールやラメの入った明るめのベージュを使うことで、まぶたのくすみを吹き飛ばして目元に爽やかな温かみを与えることが可能です。
団子鼻
日本人の顔を平ぺったく見せてしまう要因に鼻の高さがあります。立体的な顔立ちをした欧米人に比べて、日本人の鼻はあまり高くありません。笑ったときに鼻が横に広がる、大きくて目立つ、丸みを帯びた団子鼻の場合は、尚更コンプレックスを感じてしまうでしょう。しかし、幸運なことにこれもメイクである程度カバーできます。まず、ノーズシャドウを鼻の側面と目の間のくぼみに入れます。このときのポイントは、目頭よりも下の方に向かってあまりもまっすぐにノーズシャドウを入れないことです。まっすぐに入れ過ぎると、かえって鼻が異様に長く見えてしまいます。小鼻にもノーズシャドウをちょこっと乗せて、鼻筋にはハイライトを忘れずに入れます。

他にも、コンプレックスをカバーするメイク術は色々あります。自分のタイプに合ったメイクを行ないましょう。メイク次第で雰囲気を大きく変えられるので、意外と簡単に自信を取り戻せます。

性格ブスは努力をすることで変わる

「ブス」へのコンプレックスは、見た目というところから内面にも影響します。内面が影響してくると、ネガティブな思考に偏るため、表情はどこか暗く人に対しても横柄になってしまうことでしょう。これでは、いくら綺麗でも、性格ブスに囚われたままで意味がありません。ただし、見た目を変えるために自分自身で努力をすることは、内面を磨くことへプラスになるでしょう。実際、メイクやファッションなどの工夫を凝らすことで、気持ちがポジティブになり性格美人に近づけます。 下記サイトでは性格ブスの特徴が紹介されているので、当てはまるところがないかチェックしてみましょう。

理想のボディをゲット!めざせブス・脱却

ブスから抜け出すために、できることは徹底的に行ないましょう。骨太でエラが張っている一重という人も自分の見せ方を知ることで、更にどういう努力が必要かということが具体的に分かってくるはすです。顔だけでなく体にも自信がない場合は、基礎代謝を上げて老廃物と毒素を溜めない美しい体を目指しましょう。

ダイエット方法を間違えるとブスになる

骨太でグラマラスな女性が好きという男性はいます。ダイエットをして余分な脂肪を落とせば、更に魅力的に見えるでしょう。しかし、カロリーだけを意識した不健康なダイエット方法では、肌も骨もボロボロになっていってしまいます。朝・昼はダイエットクラッカー、夜はドーナッツというようなメニューは厳禁です。ビタミンとミネラル、食物繊維や酵素をしっかりと摂らないと、老廃物や毒素の溜まりやすい「ブス体型」になってしまうでしょう。現在、肌荒れや冷え性、むくみに便秘、疲れなどを感じている人は特に、食事や運動などの生活習慣を見直しましょう。綺麗に痩せることで、これらの悩みも同時に解決できるはずです。

努力で掴みとる憧れボディ

ただなんとなく過ごしていては、美しいボディにはなれません。美しい人は、その美しさを保つために毎日必要な努力を続けています。

綺麗に痩せるためには、どのようなポイントがありますか?
体に無理を掛けないダイエット方法を毎日続けていくことです。その1つが食生活です。食事制限ではストレスが掛かってしまいます。簡単に痩せられるダイエット方法や不満の溜まりやすいダイエット方法では挫折や油断が起こりやすく、リバウンドのリスクが高いため要注意です。また、基礎代謝と免疫力の低下も招きます。ビタミンやミネラル、酵素をたっぷりと含んだ野菜や果物、基礎代謝を上げる赤身肉を多く摂るようにしましょう。
太い脚を細くするためには、どのような運動が効果的ですか?
脚は心臓から遠く、むくみが起こりやすい部分です。適度に脚を動かすウォーキングが、脚痩せには効果的です。激しい運動では筋肉が付きやすくなります。自分のペースで行なえるウォーキングには、そうした心配もありません。ゆっくりと無理なく行なうことで、新鮮な酸素を取り込んで気分もリフレッシュできるでしょう。
くびれを作りたいのですが良い方法はありますか?
テレビを見ながら行なえる、「ゴロ寝ストレッチ」がおすすめです。まず、横向きに寝ます。膝下を後ろの方に軽く曲げて、床に付いていない方の手は腰に当てます。次に、肘を立てて状態を起こして、この体勢でお腹を凹ませて30秒間維持しますが、難しい人は肘で頭を支える体勢でも構いません。この場合も、お腹を最大限凹ませて30秒間維持しましょう。

美容整形なら簡単にコンプレックスが取り除ける

メイクやダイエットでブスが改善できるとは言っても、なかなか効果が出ない場合やそれだけでは満足できないこともあるかと思います。その場合は、大阪などの美容外科に相談するのがおすすめでしょう。下記サイトでは、美容整形でできるコンプレックス解消の施術がたくさん紹介されているので参考にしてみてください。

TOPボタン

Copyright©2017 彼氏がほしい自称ブス必見!ブスを卒業するには性格と外見を変えること All Rights Reserved.